おすすめ2才~

「せんろはつづく」竹下文子

絵本の情報

タイトルせんろはつづく

竹下文子
鈴木まもる
出版社金の星社
定価1,200円(税抜き)
読み聞かせの目安時間約2分20秒
2022/06/27 現在

おすすめポイント

文章が分かりやすいので、2才ごろから楽しめる!

線路がつながって長くなっていく様子に子鉄も夢中!

・リズミカルな文で、読んでいても聞いていても楽しい!

鈴木まもるさんの優しいタッチの絵に癒されます。

子供たちが線路をつなげていき、山があったらトンネルを掘り、川があれば鉄橋をかけ、列車に乗って走っていくお話です。文章が簡単な言葉でわかりやすいので、2才ごろから楽しめると思います。また、文がリズミカルに読めるので、聞いていても読んでいても楽しめます。一緒に音読するのも楽しそうです♪

汽車や線路が出てくるので鉄道好きの子鉄におすすめですし、至る所に動物も描かれているので動物好きな子も楽しめます。

こちらはシリーズになっており、他には「せんろはつづく まだつづく」「せんろはつづく どこまでつづく」「せんろはつづく にほんいっしゅう」があります。

息子との思い出

本屋さんの絵本コーナーで偶然見つけた1冊です。

絵を見て「鈴木まもるさんだ!」というのと、列車ものということで、即購入でした。

鈴木まもるさんの絵本は「あかちゃんたいそう」や「だっこ」で知っており、どちらも息子のお気に入りです。

もちろん「せんろはつづく」シリーズもお気に入りです。

読み聞かせているときに「がたごとん がたごとん」と言ってくれたり、動物を指さして

「にゃんにゃん!」

「りちゅ!」

などいろいろな反応をしてくれるのが嬉しくてかわいくて、気づいたらシリーズすべて揃えていました。

余談ですが、私が小学生時代に大好きだった「黒ねこサンゴロウ」シリーズも竹下文子さん著、鈴木まもるさん絵だったことが後に分かり、本の好みも遺伝しているのかな(?)と嬉しくなりました😊

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログでは、絵本好きの筆者がこれまでに

実際に息子に読み聞かせてきた絵本を紹介しています。

「絵本を読んであげたい!」という思いをおもちの方に、

少しでも参考になればとの思いでブログを書いております。

子どもも読み聞かせをする側も一緒に笑顔になれる、

そんな絵本の情報を発信していきます♪

「だっこ」鈴木まもる 絵本の情報 タイトルだっこ作者鈴木まもる出版社小峰書店定価1000円(税抜き)読み聞かせの目安時間約2分40秒~5分2022/...