おすすめ3才~

「ねずみのいもほり」山下明生

 絵本の情報

タイトルねずみのいもほり

山下明生
いわむらかずお
出版社ひさかたチャイルド
定価1,000円(税抜き)
読み聞かせの目安時間約4分25秒
2022/09/24 現在

 レビュー

サツマイモ掘りがテーマで、秋や冬にピッタリ!

・「14ひき」シリーズのいわむらかずおさんが絵を描いている

山下明生さん「7つごねずみ」シリーズの、「ねずみのいもほり」🍠

こちらの絵は、「14ひき」シリーズで有名ないわむらかずおさんが描いています。楽しい表情や、真剣な表情、驚いた表情、、、7つ子たちの表情が豊かに描かれています。

7つ子のねずみとお父さんが、手作りのいもほりスコップをもって芋掘りに大会に行くお話です。

芋掘りスコップでぴょんぴょんとんだり、そりすべりをしたり、電車ごっこをしたり、ケーブルカーのようにロープを滑ったり、自然の中で楽しく遊びながら芋掘り大会の会場へ向かいます。

いよいよ芋掘り大会が始まり、ねずみたちは小さな体で、生い茂るつるや葉をくぐり抜けながらお芋を探していきます。手作りスコップで土を掘っていき、みんなで力を合わせて引っ張って、大きなお芋が出てきます。

その後、表彰式を終えたねずみたちは、お母さんにお芋をもって帰るため、大きなお芋でカヌーをつくってお家に帰ります。

10~1月が食べ頃のさつまいも。これからの季節にピッタリのお話です😊

sumi

😋上級食育アドバイザーsumiの食育ポイント😋

1年を通してスーパーに並んでいるさつまいもですが、収穫時期は8~11月頃で、食べ頃は10~1月頃といわれています。

収穫時期と食べ頃の時期にずれがあるのは、収穫した直後はまだ水分が含まれて甘みが少ないからです。

さつまいもの主な成分とその効果

🍠切り口から出る白い液のヤラピンには排便を促す作用がある

🍠食物繊維が豊富。ヤラピンとの相乗効果でべ便秘改善が期待できる

🍠ビタミンCがデンプンに守られているため、加熱しても壊れにくい

🍠皮の近くにはポリフェノールが含まれている

さつまいもには、腸の働きを高め、便秘改善が期待できる成分が含まれています♪

「14ひきのおつきみ」いわむらかずおいわむらかずおさんのロングセラー作品「14ひきのシリーズ」の「14ひきのおつきみ」を紹介しています。...

 sumiと 息子 と「ねずみのいもほり」

こちらの絵本は対象年齢が4,5才からとなっていますが、2才8カ月の息子でもとても楽しそうに聞いてくれています。個人差があると思いますが、季節を感じられるお話や絵なので、対象年齢以下でも一度手に取ってみるのも良いなと思いました😊

「14ひき」シリーズが大好きな息子、こちらの絵本をを見た瞬間パァーっと笑顔になり、「かーしーてー」と絵本を手に取り早速開いて見ていました。

お話はやや長めですが、いわむらかずおさんの絵を隅から隅まで見て真剣に聞いてくれています。

この絵本を通して、「スコップ」と「カヌー」という言葉を覚えました👍

さつまいもが大好きな息子に、さつまいも入りお味噌汁を作ってあげると、「んま!さちゅまいもうんまいねぇ」と喜んで食べてくれました😋そして、絵本棚にタッタッタッと走っていったと思うと、こちらの絵本をもってきて「読んでー」と読み聞かせのリクエストが。テレビは食事中消すようにしていますが、絵本のリクエストは断らないようにしているので、読んであげています🍚

息子の生活の中に、自然と絵本が入り込んでいるように感じて、嬉しい気持ちです🕊

 最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログでは、絵本好きの筆者がこれまでに、実際に息子に読み聞かせてきた絵本を紹介しています。

「絵本を読んであげたい!」という思いをおもちの方に、少しでも参考になればとの思いでブログを書いております。

子どもも読み聞かせをする側も一緒に笑顔になれる、そんな絵本の情報を発信していきます♪