おすすめ3才~

「きょうりゅうかくれんぼ」アレックス・ラティマー

 絵本の情報

タイトルきょうりゅうかくれんぼ

アレックス・ラティマー
聞かせ屋。けいたろう
出版社KADOKAWA
定価1,400円(+税)
読み聞かせの目安時間約4分半30秒~5分程度
2022/10/16 現在

 レビュー

きょうりゅうたちと一緒にかくれんぼできる!

・きょうりゅうたちを探すことを通して、集中力や忍耐力を鍛えられそう!

以前紹介した「まいごのたまご」の第2弾!「きょうりゅうかくれんぼ」です🦖本作も翻訳は、聞かせ屋。けいたろうさんです😊

タイトルにある通り、きょうりゅうたちがかくれんぼをするお話なのですが、「かくれんぼするひと てをあげて」や「それじゃあ めをつむって、10かぞえよう。」という風に、読み手が参加できるようになっています♪

また、かくれているのはきょうりゅうだけではなく、「まいごのたまご」に出てきたきょうりゅうのたまごも、隠れています!

1作目を読んでから、こちらを読むとより楽しめます♪

見開きいっぱいに描かれた絵の中から、きょうりゅうやたまごを探すことから、集中力や忍耐力も高められそうだなと感じました👍

 sumiと 息子 と「きょうりゅうかくれんぼ」

「まいごのたまご」の気に入り方がすごかったので、2作目が出ると知ってから発売日が楽しみで仕方がありませんでした。10月4日は本屋さんに行く時間が取れず、5日に近くの紀伊国屋へ📚 絵本コーナーを探していると、息子が「まいごのたまごあった!」と言って指さしたのがお目当ての「きょうりゅうかくれんぼ」でした🦖

アレックス・ラティマーさんの絵の色遣いって他にない感じで、自然と目を引く魅力があります♡息子も「まいごのたまご」の絵を見て絵のタッチを覚えていたみたいです😊

購入したその日の夜さっそく読んでみると、参加型ってそういうことかと、納得しました。読んでいる私も息子もきょうりゅうたちの世界に惹き込まれていき、夢中になってきょうりゅうたちを探していました👀

「まいごのたまご」同様、息子も大ハマりで、毎日読み聞かせリクエストがあります😊

「まいごのたまご」アレックス・ラティマーアレックス・ラティマーさんが書いたお話を、聞かせ屋。けいたろうさんが翻訳した「まいごのたまご」。 聞かせ屋。けいたろうさんを、この絵本をきっかけに知り、気になって調べてみると公式HPがありました。路上で大人や子どもに絵本を読み聞かせをしたり、絵本の文章や翻訳を手掛けたり、全国で講座を開いたりしているそうです。...

 最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログでは、絵本好きの筆者がこれまでに、実際に息子に読み聞かせてきた絵本を紹介しています。

「絵本を読んであげたい!」という思いをおもちの方に、少しでも参考になればとの思いでブログを書いております。

子どもも読み聞かせをする側も一緒に笑顔になれる、そんな絵本の情報を発信していきます♪