家族でにこにこ
絵本の世界
おすすめ!生活リズムづくり

「ととけっこう よがあけた」 こばやしえみこ

絵本の情報

タイトルととけっこう よが あけた
作者こばやし えみこ
出版社こぐま社
定価900円(税抜き)
読み聞かせの目安時間1分25秒
2022/06/17 現在の情報

おすすめポイント

「ととけっこう よがあけた」のわらべうたをもとにしたお話です。

おはようの習慣の学習にぴったりの1冊。

こっこさんと呼ばれるにわとりが

「ととけっこう よがあけた」と歌いながら動物たちを起こしに行き、

最後はみんな笑顔でおひさまに「おはよう」と言うお話です。

1分25秒程で読めるので、

朝起きた時やお昼寝から起こす時などに

サクッと読めます。

息子との思い出

息子が0か月のころから

朝起きたらまず「♪ととけっこう...」と読み聞かせていました。

「ととけっこう」を読んだ=朝、起きる時間

というイメージをつけて

生活リズムをつくっていくことをねらいとしていました。

朝目覚めてお布団の中で読み聞かせたり、

「ととけっこう よがあけた」と優しく歌って起こしたり、

「〇〇ちゃん おきてきな」と替え歌にしてあげたり、

こっこさんのようにツンツン優しくほっぺをつついてあげたり、

毎日の読み聞かせに変化をもたせるのも楽しかったです。