家族でにこにこ
絵本の世界
おすすめ1,2才

「なーらんだ」三浦太郎

絵本の情報

タイトルなーらんだ
作者三浦太郎
出版社こぐま社
価格800円(税抜き)
読み聞かせの目安時間約1分
2022/6/22 現在

おすすめポイント

ありや象、車などいろいろなものが並んでいき、

最後はパパと子供とママがニコニコ笑顔で並びます。

散らばっていたものが1列に並ぶ感覚を養ったり、

いろいろなものが出てくるので言葉の勉強になったり、

最後は自分たちも笑顔で並ぶことで

親子のかけがえのない触れ合いタイムになったり、

この1冊で様々な楽しみ方ができます!

息子との思い出

息子が4,5か月の頃から読み聞かせていたと思います。

初めは

「いろんなものが出てくるから言葉の勉強になりそうだな」

という思いからこの本を手に取りました。

9か月ごろになると、

最後の親子がニコニコ笑顔で並ぶ絵を見ると、

ニコッと笑ってくれるようになりました。

それまで、

読み聞かせてもあまり反応を示さなかった息子が

ニコッと笑ってくれたのが嬉しく嬉しくてたまりませんでした。

笑顔見たさにそれからしばらく毎日読み聞かせてました笑

おしゃべりするようになってからは、

絵を指さして「ブーブー」「パオーン」

と物の名前を言って楽しむ姿も見られるようになりました。

息子が2歳になった今でも

「親子で触れ合いたいな」という時に

読み聞かせしています。